企業様イベントに特化して開発された
「cloud.config Virtual Event Service」で、
全く新しいユーザー体験を!

「cloud.config Virtual Event Service」は
企業イベントの効果を最大化する特徴を備えています!

スケーラビリティ

「Microsoft Azure」のクラウド上で開発されているため、イベント会場の拡張が容易にできます。数万人規模のイベントも開催可能です!

アプリインストール不要

ブラウザからの閲覧が可能で、専用アプリのDLは必要はありません!より多様なデバイスからのアクセスが可能です。

3D空間による没入感

3Dのイベント会場で、来場者はあたかもリアルのイベントに参加しているような体験をすることができます。

バーチャルイベントは
リアルイベントの単なる代替品ではありません!

主催者側のメリット

会場代の節約

バーチャルなら、リアルの会場を貸切る必要がありません。また、開催期間によるコストの増加が小さく、長期間のイベント開催が可能です。

来場者数制限なし

クラウド上に空間を構築するので、空間を拡張が容易にできます。また、リアルと比較して、会場キャパの拡大にかかる費用はとても小さくなります。

データの取得

来場者のイベントでの行動データ(ブースの訪問数、コンテンツの閲覧数)を取得することができます。

来場者側のメリット

好きな時に、どこからでも

イベント空間は、開催期間中は24h来場可能で、来場者様が所有しているデバイスからインターネットを介して来場ができます。そのため、時間や場所に制限されることなく来場することができます。

セッション閲覧の制限なし

セッションのオンデマンド視聴で、視聴したいセッションは全て視聴することができます。同時間帯のセッションのどれを見るか悩むことが無くなります。

来場時のストレスナシ

リアルのイベントでは付き物の混雑や行列、以前までは解決不可能だと思われていました。しかし、バーチャルイベントであればこれらのストレスは全て無くなります。

主な機能

全般

マップ機能

3D空間上で、自分のアバターや、配置されているブースの位置情報等を確認することができます。

コンテンツ

大量アクセスが可能な動画配信機能

人数制限のないライブ配信及び、いつでも視聴可能な、VOD(ビデオオンデマンド)により、より多くの方々にセッションをご覧いただけます。※セッションで流す動画は、お客様の方で差し替えしていただけます。

カタログ等の資料ダウンロード機能

スライド型の資料は勿論、動画等の資料もダウンロードもしていただくことで、来場者様に出展者様の理解を深めていただけます。※pdf,pptx,xls,xlsx,docs等多様なファイル形式に対応。
※資料はお客様の方で差し替え可能。

コミュニケーション

チャット機能

・対人チャット機能
参加者同士でやり取りができるチャット機能で、イベント会場の盛り上がりを演出することができます。
・チャットBOT機能
イベント会場に、自動で会話をしてくれるBOTを設置することで担当者のコミュニケーションの負担を軽減できます。

ビデオ通話機能

Microsoft Teamsを介したビデオ通話機能で、対面と変わらない商談をしていただけます。1対1は勿論、1対複数でお話していただけます。また、画面共有機能を用いて資料を共有しながらのコミュニケーションも可能です。

名刺交換機能

sansan社の「Smart Entry」と連携することで、これまでオンラインでは実現できなかった名刺の活用が行えます。

データ

アンケート機能

セッションや、エキスポに来られた来場者の方々に、アンケートに回答していただくことができます。セッション、エキスポから退出される際に自動的にアンケートフォームへ遷移するため、高い回答率が見込めます。

データ取得機能

閲覧ユーザー数、平均滞在時間、セッションの平均視聴時間、、視聴完了数などの情報を取得することができます。得られた情報を元に、お客様のマーケティング活動を改善していただけます。

登録・認証

メールアドレス認証による登録

ID連携による登録

・Facebook ・LINE ・Twitter ・Github ・Microsoft ID

※イベント会場の内装のカスタマイズ等に関してはご相談ください

3つのタイプのバーチャルイベントを開催していただけます

ccVES FORUM Pack

ライブイベントをバーチャルで配信します。チケット・グッズや、meet&greetサービスなどの販売基盤も併せてご提供いたします。

ccVES EXPO Pack

企業などの会議やセミナー、学会、展示会、見本市等をバーチャルで開催します。ラウンジモード、セッションモード、EXPOモードの3つのモードをご提供いたします。

ccVES SHOP Pack

営業店舗やショールーム、ヘルプデスク等をオンライン上に設置します。AIチャットBOT・ヘルプデスクを組み合わせたサービスとして提供いたします。

※それぞれのタイプについてのお値段、ご利用プロセス等についてはお問い合わせください。

Sansan社の新世代エントリーフォーム
「Smart Entry by Eight オンライン名刺」
と連携しています

Smart Entryは、イベント来場登録や訪問の受付時、資料請求時などに求められるあらゆるビジネスの情報を、QRコードを撮影するだけで、手間なく正確におこなうことができる、新世代のエントリーフォームです。名刺アプリ「Eight」のオンライン名刺機能が対応することにより、EightユーザーはシームレスにSmart Entryを利用することができます。また、Eightユーザーでなくても、その場で自身の名刺を撮影することによりすぐに利用することが可能です。

FIXERは、「cloud.config Virtual Event Service」において、イベント登録での連携及びサービス内でのオンライン名刺交換機能の実装を行っています。

<連携機能の概念図>

cloud.config Virtual Event Service 導入事例

decode2020

(株)日本マイクロソフト 様「de:code 2020」

日本マイクロソフトがデジタルイベントとして開催する「de:code 2020」の開催プラットフォームとして、FIXERの「cloud.config Virtual Event Service(以下ccVES)」を採用していただきました。これはccVESが日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で稼働するバーチャルイベントサービスであり、「Microsoft Azure」のパートナーとしての長年の安定した運用実績を評価していただいたものです。

ccVES上のバーチャルイベントにおいて、来場者は自らが選択した3Dモデルのアバターとなり、実際のセッションルームでの講演に参加したり、スポンサーブースを訪問して製品やサービス紹介を受けたりすることができます。また、ccVESは来場者・出展者間のコミュニケーション手段として、アンケート実施や日本マイクロソフトが提供する「Microsoft 365」におけるチーム コラボレーションのハブである「Microsoft Teams」を利用した商談機能を実装しています。そして、企業PCからの利用を想定し、3D表示非対応のブラウザからはWebサイトベースの「Simple View」としてイベントを表示できます。さらに、一斉アクセスによる高負荷に対応するスケーリングや、冗長化による高い可用性の確保といったB2Bプラットフォームに必要となる要件を備えています。

高橋 美波
高橋 美波日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長
Read More
日本マイクロソフト株式会社は、この度の株式会社FIXER様のSaaS型バーチャルイベントサービスの提供開始、並びに「de:code2020」へのご提供を心より歓迎いたします。「cloud.config Virtual Event Service」は、「Microsoft Azure」上で動作するクラウドサービスとして提供されるため、短期間でスケーラブルな環境を容易に構築することが可能となります。仮想空間でのイベント開催により、参加者との全く新しい形のコミュニケーションを実現します。今回のサービスは、これからの時代に向けたデジタルマーケティングのプラットフォームとして、ニュー・ノーマルの中での社会の発展に寄与することを期待しております。今後も日本マイクロソフトは、株式会社FIXER様との強力な連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

会場イメージ

ラウンジ

バーチャルイベントの入り口として来場者をおもてなしするラウンジ。「de:code2020」の持つ世界観に沿ったモニュメントを適宜設置するなど、イベントのブランディングに寄与する柔軟なデザインを行いました。

EXPO

イベントの出展企業が立ち並ぶEXPO。各ブースを訪問することで、スポンサー企業が提供するコンテンツを視聴したり、資料をダウンロードしたりすることができました。さらに、Microsoft teamsを介したコミュニケーションも可能で、オンサイトのイベントと同様に、製品やサービスのプレゼンテーション及び、商談が行えました。

セッション

プレゼンターによるセッションが閲覧できるセッション。各プレゼンテーションは、オンデマンドで視聴可能で、来場者は見たいセッションをイベント開催中はいつでも見ることができました。その結果、各プレゼンテーションの総視聴回数は、従来のリアルイベントより大幅に大きくなりました。

お問い合わせはこちらから!


お客様情報

※送信ボタンは1回のみ押してください。
※お問合わせの内容に応じて担当者よりご連絡をさせていただきます。
※自動返信メールが届かない場合、以下ご確認ください。

  • docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定や、ドメイン指定受信を設定されている場合、
    以下のドメインを受信設定してください。
    @cloud-config.jp
  • 迷惑メールフォルダに自動振分けされている場合がございますので、迷惑メールフォルダをご確認ください。
Scroll to Top