アセスメントタイプ

Azureは、ビジネスサービス用テクノロジの強力なプラットフォームです。
リフト アンド シフト、ハイブリッド クラウド、マルチクラウド、または任意の組み合わせなど、お客様に適した環境を提供する準備が整っています。
項目
    Add a header to begin generating the table of contents

    データとインフラストラクチャの移行

    お客様の計画、現在の導入状況、使用状況、プロセスおよびデータを考慮し、お客様の IT 資産全体 (物理と仮想の両方) に関するエンドツーエンドの分析とマッピングをお客様に提供することを目的としています。
    この分析は、お客様のオンプレミスおよびクラウド戦略に照らしたインフラストラクチャ全体の評価や、Windows Server と SQL の環境を近代化する機会の特定に役立ちます。
    お客様が現状のアプリケーションとサーバーを最適化すると同時に、追加ワークロードをクラウドに移行することで得られるビジネスとテクノロジのメリットについてのお客様の理解を深めることがこの分析の目標です。

    オンプレミス、クラウド、外部委託先でのインストール状況 (対象範囲内の環境で利用可能な場合) など、お客様の既存のWindows Server、SQL Server、 VM インフラストラクチャの包括的なアセスメント

    お客様の物理サーバーと仮想サーバーのハードウェアとソフトウェアの完全なインベントリー (最新ツールがレポートを提供できる範囲に応じて、CPU、ネットワーク、RAM、ディスク、ストレージなどに関連するパフォーマンス データと使用状況を含む)

    お客様による SQL Server の使用状況または使用計画についての情報 (現在導入されているワークロードやアプリケーションの種類、検討されている将来の導入計画など)

    サーバーのワークロードに関するお客様のビジョンまたはロードマップ

    お客様の目標に基づいて提案して最適化した環境に対応付けた状態での現状のクラウド環境の確認 (クラウドに移行する機能や妨げになるもののアセスメントなど)

    LOE で規定されたお客様の特定の課題を満たすために必要なすべてのビジネス要件とテクノロジ要件のアセスメント

    考慮事項と近代化の機会を特定するための既存ワークロードと関連インフラストラクチャの確認

    アプリケーションの最新化

    Azure に移行検討するアプリケーションを特定して優先順位を付けることで、ビジネスのアジリティを高め、プロセスの効率を上げて、現在と将来のビジネス目標を達成できるようお客様を支援します。ビジネスとアーキテクチャの両面からアプリケーションを評価して、利用コストの見積もり、参照アーキテクチャの設計、およびモダナイゼーション プランをお客様に提供します。

    カスタマイズの対象となるアプリケーションを優先対象として、検出の対象範囲に含めるアプリケーションの範囲をお客様と話し合います。

    考慮する点
    ・インフラストラクチャの詳細と依存関係のすべてを把握しているかどうか
    ・Java、.NET、JavaScript、および PHP の各言語のアプリケーション
    ・ソース コードにアクセスできるかどうか

    アプリケーションのソース コード、データベース スクリプト、および構成ファイルをスキャンして、アプリケーションとデータをAzure に正しく移行するために必要な特定のコードやデータベースへの変更点を特定します。

    お客様の目標に基づいて提案して最適化した環境に対応付けた状態での現状のクラウド環境の確認 (クラウドに移行する機能や妨げになるもののアセスメントなど)

    LOE で規定されたお客様の特定の課題を満たすために必要なすべてのビジネス要件とテクノロジ要件のアセスメント

    LOE で規定されたお客様の特定の課題を満たすために必要なすべてのビジネス要件とテクノロジ要件のアセスメント

    Azure VM、SQL Azure、または DBMI への移行、および Elastic Pool への移行を目的としたデータベースのアセスメント

    コンテナ、VM、およびアプリケーション サービスの移行時間の見積もり (日数と時間数) と月額料金の詳細説明

    さまざまなシナリオ (アプリケーションの場合はコンテナ、VM、またはアプリケーション サービス、データの場合は VM、SQL Azure、または DBMI) での詳細コスト見積もり

    Azure Express

    お客様インフラストラクチャ移行の提案事項について、データに基づく迅速な分析をお客様に提供することを目的としています。提出書類には、クラウドに対するサーバーの準備状況の分析と、Azure での関連するサイジングや利用コストの見積もりなどを含めます。

    オンプレミス、クラウド、外部委託先でのインストール状況 (対象範囲内の環境で利用可能な場合やデータ収集の許容時間内に可能な場合) など、お客様既存のサーバー インフラストラクチャへ MAP、Movere、またはお客様のツールを使っての迅速なスキャン

    お客様の物理サーバーと仮想サーバーのインベントリー (お客様の Azure サイジング モデルを作成できるだけの関連パフォーマンス メトリックスを含みます)

    お客様の目標に基づいて提案してクラウド環境に対応付けた状態での現状の環境の確認 (クラウドに移行する機能や妨げになるもののアセスメントなど)

    LOE で規定されたお客様の特定の課題を満たすために必要なすべてのビジネス要件とテクノロジ要件のアセスメント

    Azure への移行候補の特定と分析 (「サポートの終了」「テストと開発」「老朽化したハードウェア」「低使用率」などの関連状態に分類して提示します)

    Azure Foundations

    お客様がマイクロソフトのクラウド プラットフォームを使ってビジネスとテクノロジに関する自社の目標を実現する方法についての重要なガイダンスを提供することを目的としています。

    お客様のクラウド成熟度のアセスメント
    将来の満足度とAzureでの成長には、クラウド導入についてのお客様の成熟度が重要です。 Cloud Journey Tracker または同様の成熟度ツールを使ったお客様へのガイダンスを行い、お客様の具体的な長所と短所を判断します。
    ビジネスとテクノロジの課題と目標
    現在のビジネス、IT の課題、および可能性を理解するため、必要に応じてお客様の関係者に対するインタビューを 1 つ以上含め、ビジネス上および組織上のガバナンスモデルについても確認します。
    インフラストラクチャの検出
    1 つ以上の自動検出ツールを使用して、既存の IT オンプレミス アプリケーション及びデータインフラストラクチャの状況のアセスメント、CPU・ネットワーク・RAMなど、関連使用状況のインベントリーを行い、お客様の IT 資産から情報を収集します。

    お客様の目標に基づいて提案してクラウド環境に対応付けた状態での現状の環境の確認 (クラウドに移行する機能や妨げになるもののアセスメントなど)

    LOE で規定されたお客様の特定の課題を満たすために必要なすべてのビジネス要件とテクノロジ要件のアセスメント

    Azure コスト最適化

    セキュリティが確保され、管理が行き届き、コスト効果の高い方法で現状のAzure 環境を運用できるかどうかを評価するために必要な情報をお客様に提供することを目的としています。

    オンプレミス、クラウド、外部委託先でのインストール状況 (対象範囲内の環境で利用可能な場合) など、お客様の既存の IT インフラストラクチャの包括的なアセスメント

    最新ツールがレポートを提供できる範囲に応じて、CPU、ネットワーク、RAM、ディスク、ストレージなど、関連する使用状況の完全なインベントリー

    お客様の目標に基づいて提案してクラウド環境に対応付けた状態での現状の環境の確認 (クラウドに移行する機能や妨げになるもののアセスメントなど)

    LOE で規定されたお客様の特定の課題を満たすために必要なすべてのビジネス要件とテクノロジ要件のアセスメント

    まずはお気軽に
    お問い合わせください!

    cloud.configに関するお問い合わせ、クラウドのお悩みがございましたら、

    お気軽にお問い合わせください。

    Scroll to Top