Go to Top

cloud.config Secure Cloud サービス のご案内

F5_header

 

 

cloud.config Secure Cloud サービスの主な特徴

貴社ではユーザー認証とデバイス認証のみで満足していませんか?
多様化するパブリッククラウドに対応して対策が必要になってきています。社内のADと連携してシングルサインオンを実現したり、このソリューションにはもうワンランク上のセキュリティが担保でき、社内のセキュリティポリシーに準拠した対応が可能です。どこからでもセキュアにアクセスできる安心の新ソリューションです。

F5_service

Q.こんなクラウドの運用をしてしまっていませんか?

会社支給のPCにて本番環境のリリース作業はもちろん実行可能ですが、IDとパスワードさえあればどこからでもアクセスできる運用ではありませんか?例えば、担当者の自宅のPCから本番環境にアクセスしたり、手持ちのタブレットやスマホからもアクセスできる、そんな運用の現場はありませんか?

図1

A.セキュアなクラウド運用に今すぐ切り替えましょう!

このセキュアなクラウド環境は、認証された端末とデバイスからしかアクセスできない構成になっています。
アプリケーションの非機能要件を統合管理するプラットフォームを実現。安心で安全な、ワンランク上のセキュリティ環境が実現します。

図2

 

具体的課題例.こんな課題で頭を悩ませていませんか?

図3

 

具体的導入例.解決策:オンプレとSaaSでも、おなじセキュリティポリシーを適用!

F5_dounyuurei1

    • F5 BIG-IP とAzure/Office365をSAML 2.0を使って信頼関係を構築(フェデレーション)BIG-IP (Idp)、Azure/Office365(SP)、ネットワークの境界線を越えたアプリケーションレイヤーで安全性を担保

 

    • SaaSには、オンプレのポリシーチェックをパスしないとアクセスできないのでセキュリティ強化

 

    • パスワードは、ADを一元管理で、Office365にパスワードを置かないので安全

 

  • シングルサインオンによる利便性向上

図4

※詳細見積もりは個別にご提示しておりますので、お気軽にお尋ねください。

 

F5_dounyuurei2

図5png

※詳細見積もりは個別にご提示しておりますので、お気軽にお尋ねください。